2021年9月25日土曜日

湘南行って寒川神社

 秋分の日が近い9月20日、久しぶりに車で湘南方面へドライブしました。


海岸沿いは駐車場が閉まっていましたが、四之宮あたりでどうにか駐車スペースを確保しまして、波打ち際を散策しましたよ。



ここは金目川の河口付近です。

風がちょっと強めですが、青天に雲が少したなびいている。

ようやく、すがすがしい季節になりました。

30分ほど潮風にあたってから、相模川沿いに北上して寒川神社へ。


ここの神様は八方除けの守護神様だそうで、

私は八方除けとかは気にしたことがありませんけれど、

その点ではたいそう人気があって、

遠くから参拝される方が多いそうです。



祭神は 
寒川比古命 (さむかわひこのみこと)
寒川比女命 (さむかわひめのみこと)

 ようするに、<さむかわのかみさま>ですが、ならば「さむかわ」ってなに?

 ここ寒川町の神様?

ということではなくて、私は勝手に「さがむ川(相模川)の神様」と思っています。

さがむの国は、さがむ川の流域の国ですから、

結果的に「サガムの国の神様」ということであろうと。

ちなみに、のちの相模の国は、相模川流域である東部と、

西部にあった「磯長国」が大化以後に合併して成立したという話があります。



神社の創始時期は、どういう根拠かは知りませんが、
雄略天皇の時代だそうです。

埼玉の稲荷山古墳で「ワカタケルのおおきみ」の名が刻まれた

鉄剣が出土していますし、このおおきみが雄略天皇だとすれば

この時代の関東平野一帯の豪族がヤマト王権と深い絆が

あったと想像されます。

ということは、国家的な規模での祭祀制度の一端として

この神社が成立したのかもしれません。

サガムの国の豪族を大和王権が一括統治するうえで、

もともとは川の神様だったサムカワの神を

<相模の国の神>に格上げする必要があったのかな。

つまり、この神社の祭祀者は相模の国の間接統治者だったかなと。

歴史的情報が少ない神社ですが、

かなり古い時代から祀られていた神様なのでしょう。

さて。そんな妄想をしつつ帰宅しまして。

途中の「かねだい(ペットショップ)」で

買い物してから帰りました。

それから水槽を手直しして、こんな感じにしました。



2021年6月23日水曜日

新型コロナウイルス抗原検査キットがきた


 

 緊急時に備えてこういったものが必要だと思いまして、一応準備しました。


 これから接触機会が増えそうですからね。


 こちらでお安く入手できます。



 

2021年6月22日火曜日

ぜいたくなコロナ対策空気清浄機を設置しました

 わが事務所も一応、いろんな人の出入りがありますし、私もスタッフさんも電車で役所とかを巡りますから、インフルエンザ、特に新型コロナウィルスの感染予防は重大課題であります。


というわけでこの度、コロナ対策の効果を期待できる最新の空気清浄機を設置することになりました。


コロナ対策に効果を期待できる空気清浄機はまだほとんど出回っていませんが、わが事務所で試験的に設置しました。国内メーカーがコロナ対策で開発したものです。



こんな箱ですが、中身はこんなシンプルなものでして。


次亜塩素酸水はコロナなどのウィルスのほか、O157などの細菌に対しても消毒効果がありますが、この次亜塩素酸水を使って空気を消毒する仕組みのようです。

同時に消臭効果もあります。



ここに次亜塩素酸水を投入すると、スポンジみたいなところに吸水されます。
このスポンジみたいなところを空気が通過するときに空気が消毒されるのですな。

つまり、室内に噴霧するわけではありません。



パナソニックのジアイーノよりもはるかに高濃度の次亜塩素酸水を
投入する仕様になっています。

高濃度水をつくれる専用の生成器でつくった液体です。




電源を入れると空気が出てきました。

音はあまりしません。

さて。3日ほどたつと、中の液体が蒸発しているので補給します。

つまり、けっこう大量の次亜塩素酸水が必要になりますが、

これはかなりぜいたくなマシンです。

次亜塩素酸水を100円ショップで買っても、200CCで100円くらいかな。

2,3日で1.5リットル消費したので、1回で750円。

生成器があるのでいくらでも補給はできますが、

もっとリスクが高い場所に置いた方がよいような。。。

とりあえずわが社は一安心できる状態になりました。

次亜塩素酸水は使用範囲が広く安全性も高いので、とても便利な液体です。

なにしろ、本来は食品に使うものですからね。

しかし、成分的に紛らわしいものがたくさんあるのが問題です。

ご近所でご利用になりたいときには、無償でレンタルしますから、お声かけください。



この空気清浄機の詳細についてはこちら



2021年6月21日月曜日

月次支援金ZOOM事前確認をしようとしている方へのごあいさつ

 こんにちは! 相模大野駅ちかくの <のぞみ合同事務所> の日野と申します。

のぞみ合同事務所は個人・法人の法務全般を扱っている行政書士と社会保険労務士の事務所でして、私は総合的なコンプライアンスのほか、人生や経営の様々なお悩みなど幅広い範囲での相談に対応しています。


ただいま月次支援金の事前確認の仕事をしておりますが、空いている時間で対応しておりまして、どの時間帯で確認を実施するかは、そのときの状況によります。つまり、実施時間があらかじめわかりにくいので、大変申し訳ありません。

事前確認は支給要件の審査とは違い、申請人の本人確認、事業の実態、制度の理解度などを確認するもので、入力作業を終えた方でしたら10分くらいで終わります。


私をはじめ、事前確認を担当するスタッフは、ごく普通のなごやかな雰囲気な人ですから、どうかご安心ください。


ZOOMに慣れていなくても、書類のことに慣れていなくても、大丈夫ですよ。

私たちは、正しく申請されている皆様がなるべくスムーズに受給されることを願っております。


短い時間ではありますが、なごやかな気持ちで皆様が確認を終えられるよう努力いたしますので、どうぞよろしくお願いします。


これを機会に、私ども <のぞみ合同事務所> についてご興味を持っていただけたらうれしいです。

こんなことに誰に聞いたらいいのかな?

と思ったら、とりあえず日野までお問い合わせください。


それでは、青いリンクのボタンを押してみましょう!

参加の許可待ちの状態でしばらくお待ちくださいませ。


のぞみ合同事務所 スタッフ一同

<(_ _)>

2021年5月4日火曜日

2021年ゴールデンウィーク

 ゴールデンウィークになりまして、久しぶりに家でゆっくりできる日がきました。

天気もよいので、庭で手軽に炭火焼きを開始です。

スーパーで激安の<ブリのアラ>を購入して、じっくり焼いたりして。



少しずつ植物が増えて、
今年の春は多少賑やかな庭になりました。



まあ、いつものとおりの庭ですが。

水生生物も、いつものとおりの春を迎えました。



はいこちら。

エビと金魚とドジョウと。。。



そして前日に相模湖町付近のある山の中で採取した
オタマジャクシくんです。

地主さんの了解は得ておりますよ。


アオガエルだったらいいな。

と今後の成長に期待しております。


2021年3月16日火曜日

2021年3月 我が家の水槽ファミリー

 

我が家の水槽の主人公はエビであります。

ミナミヌマエビという、日本のどこにでもいる小さなエビでございます。

勝手に繁殖して、なにか目に見えないものを食べてくれます。

透明なので、写真ではちょっとわかりにくいですが、この中に20匹以上はいます。

(写真をクリックすると拡大します)

お魚は?

アフリカンランプアイというメダカの一種がいまして。

小さいけれど目が青く光って
かわいいです。

このランプアイが繁殖に成功しまして、
最初10匹だったのが、いつの間にか大小30匹近くに増えました。

そして赤いサカナは半年前。

レッドテトラをというのを10匹追加しました。

水草の緑にランプアイの青。

これに赤を足したら鮮やかだなと。

でも、今はまだ、赤ではなくオレンジです。

時間が経つとだんだん
赤っぽくなるらしいですけどね。



半年経ちましたが、10匹全員元気に春を迎えられそうです。

これにプレコというコケ取り名人一名を入れて家族全員。

いや、正確には無数のタニシくんたちもいますけれど

彼らは居候ですからね。。。



最近、おサカナたちの調子がいいのは、

生き物同士の相性がよいことや、

水槽の大きさ、水草の量などとのバランスなども重要ですが、

毎日二回えさを与えて、

水替えをこまめにやりつつ

水質を安定させるバクテリアを

定期的に補充していることも大きいかな。

その分手間はかかりますが、

元気のよいおサカナたちは

見ていて気分がよいものです。

2020年11月24日火曜日

相模大野駅恒例のクリスマスツリー

 弊社の所在する小田急線相模大野駅では、

駅ビルの広場に毎年クリスマスツリーが設置されます。


去年はイッコーさんが来て盛り上がってましたよね。たしか。

今年はコロナの影響で盛り上がるのはNGなんでしょうけれど、

ツリーは出すんですな。

    



飾り付け前の段階はこんなです。

完成後はこちら↓



日が暮れるのも早くなるわけです。

もうクリスマス。いやいや、まだだいぶ先ですよね。

2020年秋の庭

 

朝、出掛けまぎわに庭をみますと、季節外れの朝顔の花。

急に暖かくなったりすると、こんなこともありますか。


もう11月です。花梨の実がたくさんついています。

花梨は加工しにくいので、毎年庭で捨てています。

花梨欲しい人、いないかな。



よく見ると、ほかに花がいます。
名前はしらないけど。




なんだこれ。



朝顔の花が咲いているのに

いつの間にやらもう冬支度ですか。

なんとなく寂しい庭であります。


今年はバーベキューやらなかったなあ。










2020年10月12日月曜日

行政書士 平井知子

 

平井 知子(ひらい ともこ)

◎専門分野  相続関係 成年後見サービス

◎業務活動  終末期~死後に至るまで、法的手続をサポートします。

◎モットー  最善を尽くす

◎趣味    サッカー観戦 旅行

〒252-0303

 相模原市南区相模大野8丁目2番6号 第一島ビル403

行政書士のぞみ合同事務所

TEL:042-701-3010    FAX:042-701-3011


初秋のJリーグ観戦

先日Jリーグを見に行きました。

横浜F・マリノスファンの私は、コロナの影響で今年の観戦はあきらめていましたが、

ヴィッセル神戸のイニエスタ選手が横浜の地で初めて参戦、しかも会場は選手との距離が

近いニッパツ三ツ沢球技場ということなので、思い切って行ってきました。

結果は2-3で横浜が負けましたが、しみじみと行ってよかったと思いました。

夕方4時キックオフ。初秋のスタジアムはさわやかな風が吹きわたり、芝の緑が目に

沁みました。

コロナ感染対策のため観客が静かに見守る中、両チームの選手の声だけが響いて

思いのほかじっくり観戦できました。

他国では無観客試合が続いているようです。

こうして観戦できることに感謝しながら、帰途につきました。 平井知子


2020年8月31日月曜日

パチンコホール向け情報番組を配信する「PS情報ステーション」のコンテンツで、弊社の小峰と日野で登場しています。

動画の「基礎知識」のコーナーの「風営法初級チャンネル」で、タレントの岸明日香さんと一緒に出演させていただいたのですが、岸さんが安倍首相と同じ「潰瘍性大腸炎」を患っていることを告白したというニュースが出ていました。

岸明日香 潰瘍性大腸炎であること告白 安倍首相を気遣う
「これ以上ストレス溜めないで」
https://news.yahoo.co.jp/articles/369f7ba2517950376a2feb989f2ea82e79130fd3

「風営法初級チャンネル」はパチンコ店の現場向けの風営法教育動画です。

とても手間ひまをかけましたから、ぜひご覧いただきたいです。

登録しないと見れない、モバイル専用サイトです。

https://www.p-s-station.com/



2020年6月10日水曜日

2020年初夏の庭

今年はコロナ騒動のおかげで、

春の到来を喜ぶ気分にはなりにくく。 

いつの間にやら初夏になってしまいましたが、

例によって、GW頃の我が家の庭です。

画像はクリックで拡大します。






例のとおりのビオトープ。

メダカとヌマエビがいますが、

難なく越冬してくれました。

この季節になると

動物性プランクトンがわいてきます。




小さな池は木の葉が堆積しているので

池の水全部抜いて、きれいにしました。

ここには、メダカ、ヌマエビのほか、

金魚とドジョウとタニシとシジミがいます。

先日入れたオタマジャクシは

いつの間にか消えました。

カエルになったかな。









 さて、我が家の庭の片隅に

巣箱があります。

毎年野鳥がやってきて巣作りします。

こんな感じ↓




手前でタイムの花が咲いています。

いつの間にか地面に広がってきて

踏んづけるといい匂いがただよいます。




さて、巣箱ですが、

シジュウカラがせわしなく

行き来しています。




ヒナに餌を運んでいるんですね。

3分おきくらいで巣に戻ってきます。

ヒナがヒヨヒヨ泣いているのが聞こえてきます。

気になって中をのぞくとこんな感じでした。↓


GW明けのある朝、

一斉に巣立っていきました。

またここへかえっておいで。。。

と思っていたら、

たぶん別のシジュウカラでしょうが、

数日後にまた巣作りが始まり、

すでに卵がかえって

そろそろヒヨヒヨ泣きだすかな。




さて。我が家にはいろんな生き物がいますが、

外からやってくるのもいまして。。。

先日の深夜、庭から音がするので

泥棒かと思って出てみると。。。

未知との遭遇!?

しかし、池でシャカシャカ

手を洗っているぞ。。。

コロナ対策か。えらいな。。。

いや、ちがうって、あれはラスカル!!

ここ、一応、住宅地なんですけど。。。


わたし、木刀を構えています。

コイツ、この距離でも恐れることなく近づいてきて。

というか、変な声をだしてワタシを威嚇しています。

仕方ない。

全集中、水の呼吸。。。

このあと <みなも切り> を一閃しますと、

驚いてどこへともなく姿を消しました。



おわり

2020年4月17日金曜日

コロナ流行で外出制限の春

毎年春になりますと、庭の草花や水生生物の様子を取り上げるのですが、今年はコロナウィルスの流行で世の中も僕の気持ちも「どんより」していて、明るい話を考える気分にならなりません。


相模大野の駅前も閑散としていて正月みたいだし、

駅の中もこんな感じで寂しいです。



今朝のニュースでは、国が国民一人ずつに10万円を支給すると言ってました。

10万円もらえたら個人的にはうれしいです。

でもね。。。

1億2000万人に10万円って、全体で12兆円ってことですね。

そのお金は誰が負担するのかな。

未来の日本国民ですよね。

しかも少子高齢化でいずれ人口が何分の一かになって、その人口のほとんどが高齢者になっている時代の日本国民ですよね。

消費税は今よりもあがって、復興なんとか税とかも追加されて、働いている人達の負担は今よりもずうっと大きくなっていますよね。

その未来の日本で働いている人たちは卒業式も入学式も省略されて、学校で友達と遊ぶ機会も少なくなった世代かもしれませんね。

僕らがもらう10万円は未来の日本国民が働いて納税して作り出すお金ですね。

その重みについて、テレビに出てくる有識者の方々はまったく気にしていないですね。

国にはやく金をだせ、と言う人ばかりで、使われる税金の負担について正面から向き合って話をしている人を、まだ一人も見たことがありません。

政府はすでに莫大な借金をしていて、社会保障制度もいずれ破綻するかもと懸念されていると聞いているけれど、今をしのぐ方法として、今議論されていることは適切な選択肢なのだろうか。

外出制限には限界があるし、いつ終息するかわからないと言われているのに、外出制限のためにこんな調子で税金を投入していていいのか。

ならばこの秋にも、冬にも、来年の春にも、そして2022年もそのあとも、そうやって税金を投入して外出制限をすることになったら。。。

そしてこの先、巨大地震がきたらとんでもないことになります。
社会にとってのリスクはコロナウィルスだけではないのにな。

2019年7月3日水曜日

木の枝に思わぬ発見!!

ゴールデンウィークも過ぎまして、

我が家の庭の梅の実が

地面にコロコロし始めました。




毎年、梅の実を収穫して梅干しを作ります。

去年の梅干しがこんな感じ↓


ということで、たった一本の梅ではありますが、

収穫開始です。



手の届かないところは

木登りになります。

この歳での木登りはハラハラしますよ。

手を伸ばすと、アレ? アレレ!??

なんかいる!?



真ん中の梅の実のちょっと上

枝に変なものがのっかっているような

角度を変えてみてみると。。。





アオガエル!!

我が家にヒキガエルはいるんですけど、

アオガエルが木の枝に。

小さくてカワイイ。






梅の収穫も終わりまして、

30個くらい取れました。

我が家のアオガエルくんを発見したことも

とてもうれしい収穫でした。




2019年5月8日水曜日

令和の春の庭


昨年リセットした水槽は半年経ってこんな具合になってます。↑

エビとオトシンクルスと水草だけなので、エサは一切与えません。

まあ、こちらはほったらかしでもいいのですが。。。



庭の池で事件発生!

琉金のアカネンが突然死です。

2度目の冬を乗り越えたばかりなのに。。。。

死因は不明です。ついさっきまで元気だったのに、なんでだろう。

酸欠なのか、ヒキガエルの卵でもたべたのか。

そう。ヒキガエルには毒があって、その卵を食べた人がえらいことになったという話もあります。

ま、カエルの卵なんて食べませんけど、食い意地の張ったアカネンが間違って食べたとしたら。。。



気を取り直して水鉢を見ますと、エビもメダカも一応越冬できたようです。

エビが思いのほか多いのはうれしいですが、メダカがあまり見えません。

天気がいい日なので、朝からミジンコが活発に動いています。




抱卵したミナミヌマエビがいました。

そしてメダカの卵を発見。↑

白くなってるから孵化までもう少しかな。





それから、アカネンの親友のシロタさんを上の池から下の池に移しました。

下の池は大きめで有機物が多いので、いろんな虫がわいています。

増えすぎた虫やプランクトンを食べてもらわないと。



アカネンの分もがんばってね。

でも、ヒキガエルの卵がこの池の中にあります。

オタマジャクシだらけになっても大丈夫かな。

今年の夏、この庭がどうなるのか、ちょっと不安です。



2018年9月12日水曜日

水槽をリセットしまして




久々の我が家の庭です。

そろそろ秋を迎えるので、いろいろいじりたくなります。

まだ蚊がいますけどね。。。








こちら、メダカとエビが住む水鉢です。

エビがすごい数で生息しているので、エビ狩りをします。

というのも、室内の熱帯魚水槽のエアポンプが故障しまして。

10年前に買った水槽セットのモーターですが、

交換ができないので全面リセットしました。

(クリックすると拡大します↑)

こちら、新しい水槽に水草を植えました。

アナビアスはもう30年のお付き合い。

これにマツモを背景として、3種類ほど追加しました。




そして、水鉢からエビを引っ越しさせました。

大小40匹くらいでしょうか。






引っ越し祝いでプレコの餌を少し投入したら

たくさんのエビがよってきました。



ミナミヌマエビは小さなエビですが、

拡大するとこんな感じ。

見えない何かをツマツマしている様子を見ていると

癒されてしまうのです。

おわり